黄斑変性症 サプリ

 

黄斑変性症の改善にサプリが注目

 

黄斑変性症は視界が歪んで見えたり、視力が低下する目の病気の一種です。放置しておくと日常生活が困難となる社会的失明となり、最悪の場合完全な失明に至ります。

 

黄斑変性症の改善は病院で適切な診断と治療が必要ですが、それにプラスして行うと良いのがサプリメントの摂取です。黄斑変性症に効果的な成分を含んだサプリメントを摂取することで、症状の抑制や改善に効果が期待できます。

 

黄斑変性症にサプリメントが良い理由

 

黄斑変性症の原因は様々ですが、食生活の乱れもその一つです。目の機能を正常に保つためには十分な栄養摂取が必要ですが、近年では食生活の欧米化や乱れた食生活を送る方は珍しくありません。すると、目の機能も低下し、黄斑変性症の発症リスクが高まってしまうのです。

 

必要な栄養素を摂取するには食生活の改善が必要ですが、普通の食事では必要な栄養素を必要な分だけ補うのは中々難しいことです。しかし、サプリメントには栄養素が凝縮されており、負担の食事では足りない成分を補うことができます。また、サプリメントは摂取しやすいように加工されているので、必要な時に必要な分だけ、欲しい栄養素を摂取することができるのです。

 

黄斑変性症に有効なサプリメント成分

 

黄斑変性症に効果的な成分としてあげられるのが、ルテイン、ビタミンE、ビタミンA、アスタキサンチン、ヒアルロン酸、EPAです。これらの成分が配合されているサプリメントを選び、いつもの食事にプラスして摂取していくと良いでしょう。

 

近年ではサプリメントの種類も増え、黄斑変性症専用の商品も販売されるようになったので、商品選びに迷ったらまずは黄斑変性症専用の物を選びましょう。

 

黄斑変性症の原因は?

 

黄斑変性症は放置しておくと日常生活に支障をきたす目の病気です。今回は、黄斑変性症の原因についてご紹介します。

 

黄斑変性症の原因

 

黄斑変性症にはいくつか種類があり、日本人に多い滲出型の黄斑変性症は、眼球内に新生血管ができることで発症します。

 

新生血管とは、怪我が治る際や胎児の成長時にできる新しい血管のことです。眼球が何らかの理由で炎症を起こすと、それを治癒するために脈絡膜という部分から新生血管ができます。新生血管は脆いためすぐに破れてしまいます。これが眼球内で起こると、網膜内に血管内の成分が溜まってしまい、黄斑部分が腫れてしまいます。これが黄斑変性症を引き起こす原因となっています。

 

食生活や生活習慣にも注意

 

新生血管ができる原因である眼球内の炎症は、日常生活に深く関わっています。例えば、不規則な生活や睡眠不足で健康バランスが乱れると、眼球の機能も低下します。これにより、眼球内で異常が起き新生血管ができてしまう、ということもあります。

 

また、乱れた食生活も新生血管を作り出す大きな原因となります。眼球の正常な機能のために十分な栄養素を摂取できていないと、眼球の機能が低下し新生血管ができてしまいます。

 

ストレスの溜めすぎも黄斑変性症に繋がります。ストレスが溜まると体内で活性酸素が増え、これが血液の流れに悪影響を与え、黄斑変性症の原因となるのです。黄斑変性症を予防、改善するためには、まず自分の生活習慣や食生活を見直してみるのが良いでしょう。

 

黄斑変性症の症状は?

 

黄斑変性症は目の病気の一つで、国内では失明の大きな原因となっています。では、実際に黄斑変性症を発症すると、どのような症状が出てくるのでしょうか。

 

視界が歪んで見える

 

黄斑変性症の特徴の一つに、物が歪んで見えるというものがあります。真っ直ぐな線を見ても、黄斑変性症を発症していると曲がって見えてしまいます。歪みが特に酷く見られるのが中心部で、症状が進行すると歪みが大きくなります。

 

中心部が暗くなる、ぼやけて見える

 

正常な視界では明るく見える場所でも、黄斑変性症を発症すると中心部だけ暗く見えてしまいます。周りは薄ぼんやりと暗く見え、中心部に向かうほど暗く見えます。

 

中心部だけぼやけて見えるのも、黄斑変性症の症状の一つです。近眼の方が裸眼の状態で遠くを見るように、中心部だけぼやけて良く見えなくなってしまいます。症状が進行すると暗く見えたりぼやける部分も増え、正常な視野が狭まってきます。

 

視力低下

 

黄斑変性症は進行型の病気で、適切な治療をせず放置しておくと視力がどんどん下がっていきます。視力低下が進むと、社会的失明という状態になります。社会的失明とは眼鏡やコンタクトレンズ等を使用しても、視力が0.1以下となる状態のことです。社会的失明になると、日常生活に大きな支障をきたします。

 

また、黄斑変性症の視力低下の多くは徐々に進行していくため、自覚症状が少ないという点があげられます。視力が低下したかな?と感じた時には、黄斑変性症を発症していた、というケースも珍しくありません。

 

黄斑変性症に良いルテインの働き

 

黄斑変性症改善に高い効果が期待できる成分に、ルテインがあげられます。ルテインの効果は病院で摂取を推奨されるほど高く、黄斑変性症対策サプリメントの商品の多くにルテインが使用されています。

 

ルテインとは

 

ルテインはカロテノイドという自然界に存在する色素の一種で、果物や野菜、卵に含まれています。高い抗酸化作用を持っており、脂溶性の成分で水に溶けにくい成分です。ルテインには高い抗酸化作用があり、目の病気に幅広い効果が期待できると言われており、多くのサプリメントで使用されている人気の成分です。

 

ルテインが黄斑変性症に効果的な理由

 

黄斑変性症は、体内で活性酸素が増え目の中にある黄斑部が酸化し、正常な働きができなくなることで様々な症状が出てくる病気です。

 

ルテインが持つ高い抗酸化作用は、目の中にある活性酸素を除去する働きがあり、摂取することで黄斑変性症の改善に高い効果が期待できます。国内の医療現場でも摂取が推奨されており、高い効果と安全性が確立されている成分なのです。

 

黄斑変性症の原因の一つに、眼球に強い紫外線が当たることがあげられますが、ルテインを摂取しておけば、紫外線による眼球内組織の酸化を防ぐことができます。また、普段から摂取しておくことで体内での抗酸化作用の働きを活性化することができるので、黄斑変性症になりにくい身体を作ることができます。ルテインの摂取は、黄斑変性症の改善だけでなく、予防にも高い効果が期待できるのです。

 

ルテインの目安量と効果的な飲み方

 

ルテインは目の疾患に幅広い効果が期待できる成分で、サプリメント成分では高い人気と注目を集めています。しかし、いざルテインを摂取するとなった場合、気になるのが一日の摂取量と効果的な飲み方です。今回は、より高いルテインの効果を得るために、一日の摂取量と効果的な飲み方についてご紹介します。

 

ルテインの一日の摂取量

 

ルテインの一日の摂取量目安は6mgです。しかし、これはあくまで目安なので、目の病気で症状が気なるという方は多めに摂取しましょう。ルテインは元々自然界に存在する色素の一種なので、身体への悪影響はほとんど心配ありません。過剰摂取による重篤な副作用は現段階では報告されていないので、大目に摂取する分には問題ありません。

 

ただし、サプリメントで摂取する場合、サプリメントに含まれている添加物や他の成分を過剰摂取してしまうので、商品ごとの摂取量目安を確認し、決められた量を飲むようにしましょう。

 

ルテインの効果的な飲み方

 

ルテインは脂に溶けやすく水に溶けにくく、酸に対して弱いという性質を持っているため、摂取するタイミングは食後が一番だと考えられます。

 

食後に摂取することで、食事の脂と一緒に吸収することができ、胃に食べ物を先に入れておくことで胃酸の影響を少なくすることができます。

 

また、食後に飲むというタイミングも、飲み続ける習慣を付けるという点で効果的です。ルテインは高い効果が期待できますが、医薬品ではないため、毎日続けて飲むことで初めて効果が出てきます。

更新履歴